HOME > ブログ

ブログ

  • 人気blogランキング
  • 城内実オフィシャルサイトバナー配布中
個人献金募集

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルス感染が確認された日本人乗客の男女2人がお亡くなりになりました。
心からご冥福をお祈りし、ご遺族にお悔やみを申し上げます。

 ダイヤモンド・プリンセスについて様々な報道がありますが、現場ではクルーズ船のキャプテンやクルーはじめ、自衛隊、DMAT、DPAT、JMAT、AMAT、日赤ら医療関係者、関係省庁、自治体の皆様が全力で対応にあたっています。
 国外からも注目が集まる中、正しい実態を発信していかなければなりません。
 
国立感染研から現場からの概況を発表しておりますのでこちらをご覧ください。https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html

 また、厚生労働省が船内の感染制御策について公表しています。
こちらをご覧ください。https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000598163.pdf

 昨日、BSフジ放送のフジプライムニュースに出演してまいりました。
前半は下船が開始されたダイヤモンドプリンセス号と新型ウイルス対策について、後半は劇的に情勢が変化しつつあるEUについて議論しました。
昨日の出演動画はインターネットで配信しています。
ぜひこちらからご覧ください。

【前編】「クルーズ船乗客が下船開始 新型ウイルス対策の課題」

https://www.fnn.jp/posts/00432479BSP/202002201931_BSP_BSP

【後編】「欧州統合の理想と現実 EUでいま何が」

https://www.fnn.jp/posts/00432478BSP/202002201930_BSP_BSP

 現在政府では、自治体と連携し全ての都道府県で536の相談センターを設置しており、相談・医療体制を整備しております。
 咳、発熱等の症状で不安がある場合には、まずお近くの相談センターにご相談ください。相談センターのウェブサイトはこちらからご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 
 厚生労働省では新型コロナウイルスに関するQ&Aを公表しております。感染予防の対応など、こちらをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q5

 昨日、地元浜松の農業を担う農のプロフェッショナルチームである浜松市認定農業者協議会(https://www.ninteikyo.com/about/)の皆様が東京にお越しになり、江藤拓農林水産大臣、藤木しんや農水大臣政務官への要望と、農林水産省との意見交換会を行いました。

 全国第七位の農業生産額を誇る浜松市の農業を支える認定農業者協議会の皆様と連携し、引き続き、農家の経営安定化や担い手育成支援に向けて尽力してまいります。

私が幹事を務める日本の領土を守るため行動する議員連盟で、衛藤晟一領土問題担当大臣へ申し入れをおこないました。
 申し入れ内容は「わが国の領土・主権に対する挑発行為等の阻止を求める決議」です。

 2月22日の「竹島の日」を閣議決定することや記念式典に領土問題担当大臣が出席すること、先日このメルマガでもご紹介した「領土・主権展示館」の情報発信力強化などを衛藤晟一領土問題担当大臣に要請しました。
 


 私の地元湖西市各所にて、影山たけし湖西市長とともに市政・国政報告をおこないました。
 影山湖西市長からは、市長就任からこれまでの三年間で行ってきた取り組みと今後の課題について、私からは憲法改正やコロナウイルス、そしてこれまで取り組んできたことについてお話ししました。
 また、CSF(豚コレラ)対策、今年7月に開催する浜名湖キューバヘミングウェイカップなど、影山市長と連携して取り組んでいることについてもお話ししました。

 ご参加いただいた皆様にこの場を借りて改めて感謝申し上げます。
 引き続き、潮見バイパス等の交通事故削減、渋滞対策、湖西市環境センター整備など、影山湖西市長と連携して湖西市発展に尽力するとともに、今後も地域の皆様に報告する場を設けていければ幸いです。

 昨日、私が常任幹事を務める 郵便局の利活用を推進する議員連盟の総会が開催され、 山本利郎全国郵便局長会会長や、増田寛也日本郵政新社長はじめとする日本郵政グループ役員も出席のもと、日本郵政グループの信頼回復に向けて意見交換を行いました。
 私からは日本郵政の経営陣に対し、何より郵便局で働く現場の声を聞かなければ、日本郵政の信頼回復はなしえない旨を申し上げると、
 増田社長からは、「今の日本郵政に一番必要なのは、現場の声が経営に届く仕組みであり、指摘の通り全国の現場の声を聞く体制をつくりあげる」趣旨の回答をもらいました。
 
 国民共有の財産である郵便局がこれからも地域社会を支え、利用者の期待と信頼に応える組織であり続けるよう、引き続き尽力してまいります。c

 自民党静岡県支部連合会で、政経塾を開講いたします。学生、社会人問わず、それぞれの分野でリーダーシップを発揮できる人材の発掘と育成を目的としており、全6回の講座と、県議会や国会議事堂、自民党本部の見学などのフィールドワークも行います。
 なお、私は政経塾の塾長をつとめます。

 開講式、初回講座は3月14日(土)です。
 応募をご希望される方は自民党静岡県連のHPから「入塾申し込み用紙」をダウンロードの上、2月29日(土)までに県連事務局にご提出ください。

詳細は、こちらをご覧ください。
 http://www.jimin-shizuoka.or.jp/item/DV11/DV2%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E6%94%BF%E7%B5%8C%E5%A1%BE/