HOME > ブログ

ブログ

  • 人気blogランキング
  • 城内実オフィシャルサイトバナー配布中
個人献金募集

 元衆議院議員米田健三先生のYoutubeチャンネル「米田健三の日本再興チャンネル」に出演しました。
 地上波では放送されないような内容についてお話ししております。是非ごらんください。

Part1 新型コロナの脅威!日本の政治的対応について

https://www.youtube.com/watch?v=FKLjMDP-eyM

 
Part2 感動秘話!城内実と米田夫妻との絆

https://www.youtube.com/watch?v=PVApc3Wjb_k

Part3 が近日公開予定です。
米田健三の日本再興チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCHpkjT1VBGHo7vmFnLV5RtA/videos

 昨日、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に緊急事態宣言が発令され、「住民に対する外出自粛要請」、「人が集まる施設等の使用制限」が5月6日までおこなわれます。
 今後、国やお住いの地域が発表する情報に注意しながら、冷静な行動を取るようお願いします。https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html (新型コロナウイルス感染症対策HP)

 緊急事態宣言発令にともない、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策が閣議決定されました。対象や期間、申請先などの詳細については、これから決定されていきます。https://www5.cao.go.jp/keizai1/keizaitaisaku/2020/20200407_taisaku.pdf

所得減少世帯への30万円の現金給付や、個人事業主や中小企業に最大100万~200万円を現金給付する対策が盛り込まれておりますが、十分ではないという意見も多々あります。
感染拡大を防ぐ緊急事態宣言をより実効的なものにするためにも、速やかかつ文字通り大胆かつ前例のない「真水」での資金を給付しなければなりません。

事業者の粗利保障と消費税減税について、引き続き実現に向けて全力を尽くしてまいります。

 本日、私が顧問をつとめる議員連盟「日本の未来を考える会」ならびに日本の尊厳と国益を護る会とで、「消費税減税」に向けての記者会見をおこないました。
 安藤ひろし先生が会長の「日本の未来を考える会」は消費税0パーセントを提言、青山繁晴先生が会長の「日本の尊厳と国益を護る会」は5%への消費減税を提言しており、違いはありますが、100人以上の「減税勢力」として、実現に向けてひとつにまとまりました。
 新型コロナウイルスの感染拡大による景気の致命的下降あるいは恐慌を食い止めるため、「消費税の減税」は必要不可欠です。

 安藤ひろし会長「日本の未来を考える会」の主張を、城内実事務所でまとめています。ご賛同いただける方は是非拡散ください。

また、ご意見等お待ちしております。

 昨日政府は、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置しました。
多方面からの専門的な知見に基づき、国内の感染拡大の状況などを踏まえて国民生活に重大な影響が与えられると判断された際、緊急事態宣言が発令されます。
 政府は、現時点では緊急事態宣言を行う状況ではないとし、引き続き感染拡大防止に取り組むことを呼びかけています。

 また、対策本部設置により、各都道府県にも知事をトップとする対策本部が立ちあげられるため、国と自治体との連携が強化されます。

 東京都では今が感染拡大を防ぐ重要な局面として今週末の外出自粛要請をしています。
 決して油断することなく、手洗い消毒をはじめ、人ごみの多い場所を避けるなど感染対策を行ってください。

【新型コロナウイルスを防ぐには(厚生労働省)】

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

 私の地元浜松市で毎年5月に行われている「浜松まつり」がコロナウイルス感染防止のため、中止となりました。
 浜松まつりは、初子の誕生を祝うとともに、子どもたちの健やかな成長を願い、地域みんなで祝いあうお祭りで、170以上の町が参加する「凧あげ合戦」や「御殿屋台の引き回し」がおこなわれます。県内外から集まった150万人が熱気に包まれる、浜松が誇る文化です。https://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/

 私も毎年参加しており、今年も各町の大凧を見るとともに各陣屋をまわりながら地元の皆様と懇談するのを楽しみにしておりましたが、大変残念です。

 皆ががっかりしていると思いますが、まだまだ先が見通せない状況下、お祭りでは人が密集し、掛け声で飛沫が飛ぶなど感染リスクがあるため、現段階で中止の決定をしたことはやむをえなかった思います。

 米国が1兆ドル(100兆円超)規模の景気刺激策を検討していることが明らかになりました。給与税減税や全国民への小切手給付、航空会社や宿泊業などへの資金支援を盛り込むとしています。
 2009年のリーマンショック時の7870億ドルを大きく上回る景気刺激策です。

 私が顧問をつとめる議員連盟「日本の未来を考える会」では、
被雇用者に対する休業補償と中小企業、小規模事業者への100%粗利保障、そして消費税減税などを盛り込んだ、「令和の恐慌」回避のための30兆円規模の補正予算編成を提言しています。

https://nihonm.jp/post_article/20200311

 わが国ではすでに企業の廃業や従業員の解雇などが発生しております。
速やかに、中小企業及び小規模事業者、並びに非正規雇用者、個人事業主、失業者、ひとり親家庭、障がい者といった社会的弱者の立場に寄り添い、全国的かつ全員に行きわたるような従来の発想にとらわれない大胆な経済政策が必要です。


 西村康稔経済再生担当大臣と岸田文雄政調会への提言に続き、昨日は二階俊博幹事長へ「令和の恐慌」回避のための30兆円規模の補正予算編成に関する提言をおこない、その後記者会見を開きました。
 (私も顧問として出席しています。)

 この度の提言がメディアに取り上げられ、各所から多くの反響をいただいております。
議員連盟「日本の未来を考える勉強会」のHPで、この度の提言やこれまでの勉強会の様子を公開しておりますので、ご覧いただき、ご賛同いただける方は是非拡散をお願い致します。https://nihonm.jp/
 

 昨日、自民党の若手議員でつくる議員連盟「日本の未来を考える勉強会(会長安藤ひろし先生)」で、新型コロナウイルス拡大による経済への影響を最小限に食い止める大胆な経済財政対策を、西村康稔経済再生担当大臣ならびに岸田文雄政調会長に提言しました。

 この勉強会は、当選1~3回の有志若手議員達が集まりこれまで四十回以上の議論を重ねてきておりました。今年の2月に議員連盟として立ち上がり、私は顧問として就任し、微力ながら支援しております。
今回の提言も徹底的な議論を通して安藤ひろし会長をはじめとする若手議員たちが作り上げたものです。(なお、「若手」ではないというネット上の指摘もあるようですが、国会では、「若手」は当選回数が少ない議員のことを指し、年齢とはあまり関係ありません。)

 今回、『「令和の恐慌」回避のための30兆円規模の補正予算編成に関する提言』として、新型コロナウイルス拡大により大打撃を受けている日本経済、国民生活を守り、成長路線に戻すため、30兆円規模の補正予算編成や粗利100%保障、当分の間の消費税減税を盛り込んでおります。
 特に、中小企業および小規模事業者、非正規雇用者、個人事業主、失業者、ひとり親家庭、障がい者といった社会的弱者の立場に寄り添い、全国的かつ全員に行きわたるような従来の発想にとらわれない大胆な経済政策が不可欠です。
(提言全文はこちら https://nihonm.jp/post_article/20200311)


 この提言には勉強会メンバー以外も含めた自民党議員(衆議院当選1~3回、参議院当選1~2回のうち)が40人以上賛同しており、現在も増え続けております。

 新型コロナウイルスの影響は、2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災よりも国民経済への影響が大きくなる可能性が高いといわれております。
速やかにかつ、これまでにない大胆な経済財政政策を実施しなければ、国民生活への影響ははかりしれません。

 当勉強会の顧問としてこれからも支援してまいります。