HOME > ブログ

ブログ

  • 人気blogランキング
  • 城内実オフィシャルサイトバナー配布中
個人献金募集

 豚コレラの感染拡大を防ぐため、ウイルスを媒介しているとされる野生イノシシへの経口ワクチン入り餌の散布を愛知県で始めました。本日から岐阜県でも散布が始まる予定です。
 数日後、ワクチンが食べられたかを確認した後、イノシシを捕獲して抗体を確かめます。
 養豚農家の皆様が切望していたワクチンの散布は、豚コレラ感染対策の大きな一歩ですが、まだまだ予断を許さない状況です。
 環境副大臣として、農水省や自治体、日本猟友会等の関係者と引き続き連携し、豚コレラの拡大防止、収束に向けて全力を尽くして参ります。

 EUが首脳会議で、経済面を中心に対中国戦略の見直しを進めることを決定しました。
 EUは最大の貿易相手国である中国に対して、これまで穏健的な姿勢を続けてきました。今回、不公正な貿易、投資に対し厳しく対処する姿勢を表明しています。
 安倍総理はこれまで、不公正な貿易・投資慣行と闘い、自由で公正なルールに基づく貿易システムの必要性を訴えてきましたが、ようやくEUも足並みを揃えたこととなります。
 日欧のような基本的な価値観を共有する国々で「自由で公正なルールに基づく秩序の強化」を主導することが重要です。

 環境省では、日本の生態系等に被害を及ぼす又は及ぼすおそれのある外来種について、規制や防除、理解促進等に取り組んでいます。
 生態系は、長い期間をかけて微妙なバランスのもとで成立しています。ここに外から生物が侵入してくると、生態系のみならず、人間や、農林水産業まで、幅広くにわたって悪影響を及ぼす場合があるのです。
 例えば近年確認されているヒアリは、他種の日本のアリを駆逐するおそれがあるとともに、牛、鶏など家畜や、人への死傷被害の可能性がある危険な特定外来生物です。
 
 環境省では、外来種対策について動画で解説を行っています。
 ぜひご覧ください。
 https://www.youtube.com/watch?v=M2dd2PcxSvs

 地球規模で広がる海洋プラスチックごみ問題は、途上国も含む世界全体で取り組むべき課題です。
 環境省では、以前ご紹介した「Plastics Smart(プラスチック・スマート)」キャンペーンなど、不必要なワンウェイのプラスチック排出抑制や分別回収の徹底に取り組んでおります。

 また、海洋プラスチックごみ削減のため、国内での取組を海外で活かすほか、民間のイノベーションを後押しし、国際社会に貢献しています。
 こちらの動画は、海洋プラスチックごみ削減の日本の取り組みを紹介しております。
皆様ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=M056gIfuCQ8

  

昨日、石油流通問題議員連盟の野田毅会長はじめとする幹部メンバーとともに、杉本和行公正取引委員会委員長へ「石油の不当な廉売」に対する迅速な調査や厳正な措置を申し入れました。

 地方では、中小のガソリンスタンドは災害時に復興拠点となり、長期停電が発生しても緊急車両や被災者に燃料を供給することができる、いわば公共インフラとしての役割を担っております。
 
 しかし現在、米国の大手チェーンが日本に進出し、通常の市場原理ではあり得ない安い価格でガソリンを売り、周辺の中小ガソリンスタンドの経営が脅かされています。
ガソリンなどの石油製品は、価格以外での差別化が難しい商品です。1ℓ1円違うと大きな差となるため、消費者は価格の安いスタンドで購入します。

 中小のガソリンスタンドの社会的な役割も鑑みた上で、我が国の競争政策に沿った公平・公正な経営環境を実現しなければなりません。

 地域の安全を守る防災の役目を持つ中小石油販売業者を守るため、今後も引き続き尽力して参ります。

 環境省では、twitter(https://twitter.com/Kankyo_Jpn/)やFacebook(https://www.facebook.com/KankyoJpn.gov/)などのSNS
で情報発信を行っています。
 
 私たちの身の回りに起こりつつある気候変動の影響や、花粉や大気汚染物質「PM2.5」の情報、節電になる家電の使い方など、最新かつためになる情報をわかりやすくお届けしています。

 是非「いいね!」やフォローをして頂き、環境に関する最新情報をチェックしてください。

 昨日、城内実政経セミナーが大盛会のうちに閉幕いたしました。
 この場をお借りして、ご来場いただきました皆様、ご支援いただきました関係者の方々に改めて深く御礼申し上げます。

 今回は三部構成として、一部では原田義昭環境大臣と丸川珠代先生元環境大臣、私の三人でトークセッションを行い、SDGsやESG等の企業に求められる環境政策や、今年議長国を務めるG20に向けて我が国の方策などについて議論しました。

 二部では、舌鋒鋭い政治評論家森田実先生と「日本の行く先」について対談を行いました。新自由主義やグローバリズムの限界、今後我が国が歩むべき道など多岐にわたるご高話を頂きました。

 三部では、落語家笑福亭鶴光師匠が駆けつけてくださいました。会場は笑いに包まれ、私も大いに楽しませて頂きました。

 今後とも「城内実セミナー」では、お越しいただいた皆様に「来てよかった」と思って頂けるような催しを企画して参ります。

 昨日開催した自民党政策協議会後援会設立総会は会場は900人以上の方々がお越しになり、立ち見がでるほど大盛況となりました。
お越しいただいた皆様にこの場をかりて御礼申し上げます。

~応援弁士岸田文雄政調会長~
 応援弁士の岸田文雄自民党政調会長からは、豊かな自然とものづくりのまち湖西市が有する可能性は大きく、「湖西の魅力創造を全力で支援すること」、そして、「私城内実と影山剛士湖西市長、永田はるやす自民党湖西市新居支部青年局長の連携が湖西市の発展において極めて重要であること」をお話しされました。

~来賓影山剛士湖西市長~
 来賓の影山剛士湖西市長からは、湖西市政の現状と課題について報告があり、今後の湖西市の発展に向けて、「国」「県」「市」の連携が必要不可欠である指摘がありました。

~永田はるやす自民党湖西市部新居支部青年局長~
 最後に、地元の 永田はるやす青年局長から、浜名湖青年会議所理事長や新居町商工会副会長を歴任して直面してきた湖西市の課題や地域の声が県に届かない現状について報告がありました。
 そして、湖西市の抱える課題の解決のため何が必要なのか、熱い想いを会場と共有しました。
 永田はるやす青年局長は「湖西市の更なる発展に向けて」HPで情報発信を行っていきます。
 皆さま是非ご覧ください。
 https://h-nagata.com/
 
 影山湖西市長と永田はるやす青年局長としっかりと連携し、湖西市発展のため尽力して参ります。