HOME > ピックアップ > ◎ 政 治 ◎ チベット人弾圧に関する決議案(英語仮訳)

ブログ

◎ 政 治 ◎ チベット人弾圧に関する決議案(英語仮訳)

Googleブックマーク Twitter はてなブックマーク delicious livedoorクリップ Yahoo!ブックマーク Facebook

 昨日のブログで紹介した「日本国国会議員有志によるチベット人弾圧に関する決議」を全世界の方に読んでいただくために、取り急ぎ英訳を行った。是非ともご覧いただきたい。

(「政治ブログランキング」のクリックをお願いします)
—————————————————-

4th April 2012

Proposed Resolution on the Oppression of the Tibetan People

from Concerned Members of the Japanese Diet

 

Lobsang Sangay shusho kara Tibet no jitsujo wo kiku yushi giin no kai

 

 

A relationship between Japan and China in a genuine spirit of friendship should be built with not only the Chinese government but also the Chinese people. Therefore, the concerned members of the Japanese Diet gathered here today, aiming at the establishment of a genuinely friendly relationship between Japan and China and the respect of the human rights and dignity of all Chinese people, unanimously resolve as follows.

 

1.We express our deep concern that, since March 2011, many Tibetans have committed suicide by self-immolation in protest. Therefore, we ask the Chinese government to comprehensively investigate the human rights problems in the regions where Tibetans live which led to these protest suicides by self-immolation, such as limitations of fundamental freedoms, punitive security measures against Buddhist monasteries, and compulsory “patriotic education”. Further, we ask the Chinese government to fundamentally revise its policy to resolve these problems.

 

2.We ask the Chinese government to release information on the situation, including the location, of monks and ordinary Tibetans taken away from sites of self-immolation protests, whether alive or dead, and other detained monks. We also ask it to make the grounds of the detentions public.

 

3.Since the general uprising in Tibet in 2008, the access of journalists and foreigners to the regions where Tibetans live has been severely restricted, and Tibetans deemed to have criticized the Chinese government’s political, religious, cultural or economic policies have been excessively punished. We protest at the continuation of these harsh measures, and ask the Chinese government to allow free movement, expression, and reporting in the regions where Tibetans live.

 

4.We request the Chinese government to reopen direct and genuine dialogue with the Tibetan government-in-exile at the earliest opportunity.

 

5.We strongly urge the Chinese government to admit the United Nation special rapporteur on religious freedom, and to stop infringing human rights immediately.

 

The restrictions on the rights of Tibetans over many years are the cause of the protest suicides by self-immolation. The Chinese government should carefully listen to the protests of the Tibetans and fundamentally revise its policies. We believe that a China where the rights of Tibetans are respected in a genuine “harmonious society” is a China with which Japan can establish a genuine “Mutually Beneficial Relationship Based on Common Strategic Interests”.

 

 

—————————————————-

(日本語)

2012年4月4日

日本国国会議員有志によるチベット人弾圧に関する決議

 

ロブサン・センゲ首相から

チベットの実情を聞く議員有志の会

真の友好的日中関係は、中国政府はもとより中国国民との間に築かれるべきものである。よって、すべての中国国民の人権と尊厳の尊重及び真の友好的日中関係の構築を目指し、本日、ここに参集した有志国会議員一同は、以下決議する。

 

1.2011年3月以来チベット人による抗議の焼身自殺が相次いでいる事態に深い憂慮の念を示すと共に、中国政府に対し、基本的自由の制限、仏僧院に対する懲罰的な治安措置、「愛国教育」の強制など、抗議の焼身自殺の原因となっているチベット人居住地域の人権問題を包括的に検証し、これを解決するために抜本的な政策の見直しを行うよう求める。

 

2.中国政府に対し、焼身自殺を図った後現場から連行された僧侶や一般のチベット人の身柄や遺体、その他拘束された僧侶の所在を含む安否情報及び拘束の根拠を開示することを求める。

 

3.2008年のチベット一斉蜂起以来、チベット人居住地域へのジャーナリストや外国人のアクセスが引き続き厳しく制限され、中国政府の政治・宗教・文化・経済政策に異議を唱えたとみなされたチベット人に過酷な処罰が科される強行策が継続している事態に抗議し、中国政府に対し、チベット人居住地域における自由な移動や自由な表現・報道を許可するよう求める。

 

4.中国政府に対し、チベット亡命政権との直接かつ真摯な対話を早急に再開するよう求める。

 

5.中国政府に対し、宗教と信仰の自由に関する国連特別報告者による国内訪問を早急に受け入れるとともに、人権弾圧を直ちに停止する強く求める。

 

長年にわたるチベット人の権利に対する制約こそが、抗議の焼身自殺の原因である。中国政府は、チベット人の抗議に対し真摯に耳を傾け、その政策を根本的に見直すべきである。チベット人の権利が尊重された真の「調和社会」中国こそが、日本が真摯な戦略的互恵関係を結ぶことのできる中国であると信じる。

 

以  上


  • 人気blogランキング
  • 城内実オフィシャルサイトバナー配布中
個人献金募集

この記事へトラックバックURI

コメント投稿


ブログ一覧へ戻る