衆議院議員
静岡県第7選挙区
城内 実

活動報告
国家国民のための信念を貫く男 信念

活動報告

ACTIVITY

◎ 政 治 ◎ 千葉市長戦

2009.06.16 ピックアップ

千葉市長戦で全国最年少の31歳の民主党系の市長が誕生した。前市長の汚職事件にともなう市長選とはいえ、民主候補が自民・公明の与党候補に圧勝したことは大きい。良い悪いは別として流れは一気に民主党に変わった。鳩山邦夫大臣の事実上の更迭も影響しているだろう。

 

 千葉市は政令指定都市である。市長は県知事とほぼ同格であり、巨大な権限を持っている。それを千葉市民は政治的な経験も浅いと思われる弱冠31歳の若い民主党の候補者に託したのである。これは何を意味するかというと、有権者である千葉市民は候補者そのものの人柄や実績よりも、与党の自公候補か野党の民主候補かという選択肢に対して民主党を選んだということである。千葉市長選はこのあと続く静岡県知事選と東京都議会選挙と同様に来たる衆議院選挙の前哨戦ととられられていただけに今回の自民系候補の敗北は与党にとって大きな痛手だ。

 

 ここにきて早期解散総選挙の動きも出てくるかもしれない。障害者団体向け郵便割引制度の悪用で厚生労働省の局長も逮捕され、捜査は某民主党有力国会議員まで及ぶという情報もある。

 

 みなさんもこれからの政治の動きに目が離せないのではないか。
(民主党の躍進に快哉を叫んでいる方も、民主党政権は絶対阻止と思う方も「 政治ブログランキング」へのクリックよろしくお願いします!!)