HOME > カテゴリー '政治'

ブログ

政治 の記事一覧

浜松市が実施している、新型コロナウイルス感染対策の間仕切りなどを導入した中小事業者に支給する最大30万円の補助金について、対象期間が1月6日~8月31日に拡大されました。
 当初の対象期間は緊急事態宣言が発令された4月7日以降の設備導入としていましたが、それ以前より多くの事業者が積極的に対策を実施していたことが分かり、期間が拡大されました。
 
既に交付を受けた事業者でも補助金の交付額が上限の30万円に達していない場合、1月6日以降に契約し、4月6日までに設置・改修・支払が完了した補助金対象となりえる経費であれば2回目の申請が可能となります。
 
 申請受付期間は8月31日までです。
 詳しくはこちらをごらんください。
 https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kanko/corona/sannmitsu.html

 

家賃支援給付金の最新情報です。
必要書類等の情報が記載されております。
是非ご覧いただき、申請にご準備ください。


 中国政府による香港の統制強化を目的とした「香港国家安全維持法」の成立を受け、昨日、私が代表世話人を務める「保守団結の会」の赤池誠章共同代表世話人、他同会会員の衆参国会議員とともに岸田文雄政調会長に対し、自民党として抗議声明を出すことを申し入れました。
 
 自民党では、5月29日の段階でこの「香港国家安全維持法」に対して非難決議をまとめ、政府に提出しております。わが国をはじめ、民主主義や法的支配といった共通の価値観を持つ世界中の国々から非難されていたにも関わらず、中国は強権的に「香港国家安全維持法」を成立させました。自民党として、改めて厳しい抗議を出すべきです。
 
 私からは、中国は内政問題だから批判するなと主張しておりますがこれは国際人権問題であり、価値観をともにする欧米諸国とともに厳しく抗議するべき旨、岸田文雄政調会長に伝えました。
 
 岸田政調会長からは、自民党外交部会長に指示し党としてしっかり対応する旨を回答されました。

 昨日、中国による香港への統制を強化する香港国家安全維持法が成立しました。
 これにより、中国政府は行政・立法・司法それぞれで香港への影響力を強めます。例えば、香港での反政府活動を中国政府が直接取り締まることを可能にする法律が、香港議会の審議なしに適用されることになります。
 香港の一国二制度はもはや瀕死の状態といっても過言ではないでしょう。
 香港は国際金融センターとして外国資本が多く進出しておりましたが、もはや一国二制度のもとで享受していたメリットは無くなったとして資本流出は避けられないと思います。
 米国は対抗措置として香港への優遇措置一部停止を発表しておりますが、民主主義や法の支配といった共通の価値観を有する国々で、中国の暴挙を許さない姿勢を示していくべきです。

 先般延期のご案内を差し上げておりました、6/30(水)開催予定の「衆議院議員城内実政経セミナー」につきまして、
新型コロナウイルス感染症による甚大な影響が未だ続いていることを鑑み、誠に恐縮ながら再延期とさせて頂くこととなりました。
 日程をご調整頂きました皆様には、再度の延期で大変なご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。
 再延期の開催日程につきましては、決定次第改めてご案内申し上げます。
 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 昨日、浜松市の要望活動に同行し、国営三方原用水二期土地改良事業の推進について、江藤拓農林水産大臣に対して要望を行いました。
 私の地元の三方原用水は、農業用水としての利水はもとより、上水道や工業用水道との共同施設として、地域の生活や産業にとって必要不可欠なライフラインです。
 
 老朽化対策や耐震対策のため、平成27年度から改良事業が行われ、現在全体の5割程度の予算執行と工事の進捗が図られています。

 計画では令和6年度までに事業完了する予定です。引き続き計画的かつ着実に、三方原用水二期土地改良事業に十分な予算を確保することを江藤農水大臣に対して要望しました。

 国会の閉会と自粛要請・移動制限解除にともない、議員連盟の活動や要望活動が活発化してきました。
 昨日は朝から国民歯科問題議員連盟総会に出席。議員本人114名、代理115名と大盛況の中で政府の骨太方針に向けた議論が行われ、私はトップバッターで発言し、コロナで苦境に陥っている歯科医師の先生方の声を紹介するとともに、最大限の支援が不可欠であること等を申し上げました。

 その後役員を務める消防議員連盟役員会に出席。消防庁における新型コロナ感染症への対応、郵便局職員が消防団に加入する際の届け出規定について議論を行いました。 
 私は、公益性の高い消防団に郵便局職員が加入する際届け出を行う必要があるが、届け出をしなかった者に対して人事上の不利益を与えないこと、手続きを簡素化すること等を指摘。また消防団員の準中型免許取得支援を迅速に進めることを総務省に申し入れました。

 消防議連終了後、勝俣孝明議員、静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合の皆様とともに林幹雄自民党幹事長代理及び西村康稔内閣府特命担当大臣に対して「宿泊業への支援」に関する要望を行いました。この後、も要望しました。
 
 午後は、私が顧問を務める「日本の未来を考える勉強会」役員会出席後、昨日もご紹介した尖閣諸島を護るわが国の積極的行動周辺海域で捕れた魚のお披露目会に出席。

 その後、私が事務局次長を務める「共同養育支援議員連盟」で森まさこ法務大臣と面会。この議連は離婚後も親が協力して子育てに取り組む共同養育の支援拡充を目指す超党派の議連です。私は森法務大臣に対し、養育費の支払いのみならず、親子の面会交流の実現が重要であることを延べ、提言書を提出しました。

 その後、私が設立発起人を務める「社会機能の全国分散を実現する議員連盟」設立総会、代表世話人を務める「保守団結の会」設立総会・櫻井よしこ先生を講師に招いた第1回勉強会に出席しました。

 中小法人等最大200万円、個人事業者等最大100万円が給付される持続化給付金の対象が拡大されました。
 これまで事業所得のみでしたが、主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者も対象になります。また、2020年1月~3月に創業した事業者も対象になります。
 申請は、6月29日からです。
 詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html


 昨日、私が共同世話人を務める「センカクモグラを守る国会議員連盟」総会が開催されました。
 センカクモグラは、尖閣諸島の魚釣島のみに生息しており、1979年の沖縄開発庁による学術調査の際に1個体のみ捕獲され、1991年に新種として記載された固有種です。環境省第4次レッドリストでは、もっとも絶滅のおそれが高い、絶滅危惧IA類として掲載されています。
 「センカクモグラ」http://www.senkaku-mogura.jp/action.html
 
 また本日、尖閣諸島を護るわが国の積極的行動周辺海域で捕れた魚のお披露目がありました。

 尖閣諸島にはセンカクモグラをはじめとする貴重な固有種と美しい自然環境が存在しております。我が国固有の領土として、現状把握の調査や生態系・環境の保全を行うことは国家として当然の責務です。

 理化学研究所と富士通が開発した「富岳(ふがく)」が、スーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキングで8年ぶりに第1位となりました。
 今回4部門で同時に1位を獲得したのは富岳がはじめてです。開発にあたり、新型コロナウイルスの影響で部品調達や工場稼働に懸念があった中、予定通りに製造、設置され、日本の技術力、モノづくりの強さを世界に示しました。
 関係者の皆様には心から敬意を表します。
 
 各国が競って開発するのは、より速いスーパーコンピューターを手にすることで、より速くより広い分野での研究を進めることができるからです。研究開発を通じて産業界全体の技術向上や一流の科学者が集うことにもつながります。これが、日本の国際競争力と国民生活の向上、ひいては地球や人類の発展にもつながります。
 かつて世界最速を目指さなくていいというような、耳を疑うような発言が話題になりましたが、日本が世界最速を目指すことで研究力や競争力が強化され、社会への貢献にもつながることは間違いありません。

ブログ一覧へ戻る