HOME > カテゴリー '政治'

ブログ

政治 の記事一覧

 北朝鮮が「新型戦術誘導兵器」の発射実験を行ったという報道がありました。
 兵器の詳しい種類については明らかになっておりませんが、米国や日本には届かない短距離ミサイルなどの可能性が高いとのことです。
 また、これまで北朝鮮は弾道ミサイルの実験の際には「発射」と発表しますが、今回は「射撃」と表現していることからも、通常兵器の実験の可能性が高いとみられます。
 
 今回の実験は、国際社会から非難を受けない通常兵器の実験にとどめながらも、核交渉で立場を硬化させた米国に対しけん制しているようです。
 また、日米がこの兵器を特定できるか、探知能力を探っている思惑も伺えます。

 来日しているフォルカー・カウダードイツ連邦議会議員を安倍晋三総理大臣ならびに世耕広成経済産業大臣のもとへお連れし意見交換を行いました。
 総理官邸では、日本とドイツが経済的に重要なパートナーとして、AIの分野等で引き続き連携を深めていくことを話したほか、安倍総理からは、G20サミットに向けた考え方・方針について話がありました。
 世耕経済産業大臣との意見交換では、今年発効し双方が多くの恩恵受けている日EU経済連携協定、インターネット上の個人情報等を公正なルールのもと管理するデジタルデータガバナンスなど多岐にわたるテーマについて話し合われました。
民主主義、法の支配といった価値観を共有し、ものづくりを大切にしてきた日独両国の友好協力関係は、世界の持続可能な発展においても不可欠なものです。
 日ドイツ友好議連の事務局長として、両国の連携深化に向けて引き続き尽力して参ります。

 昨日はドイツから来日したフォルカー・カウダー独連邦議会議員を自民党本部にお連れし岸田文雄政調会長の表敬を行いました。
 カウダー議員は、ドイツ議会において要職を歴任し、実務家・調整役の政治家としての手腕が高く評価されており、メルケル首相からの信任がもっとも厚いとされております。
 本日、安倍総理や世耕経産大臣にお連れする予定です。

 また、午後には昨日の意見交換会に続き、カリフォルニア州上院議員団が環境省にお越しになりました。
 原田義昭環境大臣とともに、我が国の気候変動への取り組みなど環境政策について意見交換を行いました。

 昨日、米国カリフォルニア州の上院議員団が来日し、意見交換を行いました。
 カリフォルニア州と我が国は、長い歴史を持ち、米国でも最大の13万人以上の在留邦人と45万人近くの日系人が住んでいる、大変関係が深い州です。
 また、カリフォルニア州は、2045年までに再生可能エネルギー100%を目指して取り組んでいるなど、世界の気候変動問題を自治体レベルでけん引しております。
 私からは、今年六月に我が国が議長国を務めるG20における環境とエネルギー関係閣僚会合の議論の方向性や、世界的な問題である海洋プラスチックごみの取り組みについてお話しました。

 政令指定都市以外の市と東京の特別区で選挙が告示され、平成最後の選挙となる統一地方選の後半戦がはじまりました。
 全国的に、人口減少対策や子育て支援、高齢者福祉といったテーマをめぐり戦われております。投開票日は21日です。
 私の地元では、湖西市議会議員選挙があります。
 湖西市のインフラ整備や交通事故削減対策等、毎年各省庁へ私とともに要望活動を行っている市議会議員の方々が、再び湖西市のために働けるよう私も応援して参ります。

 昨日、平成最後となる毎年恒例の総理主催「桜を見る会」が環境省管轄の新宿御苑で開催され、出席して参りました。
 テレビ等で報道されているように、各界から招かれたおよそ1万8200人が満開の八重桜のもと、春の雰囲気を楽しみました。
 
 本日、大きな被害をもたらした熊本地震から三年が経ちました。
災害公営住宅の整備は進み、崩壊した阿蘇大橋などインフラの整備も昼夜問わず進んでおりますが、今も600人以上の方々が不自由な生活を強いられております。
 生活支援、インフラ復旧を引き続き前に進めていくとともに、熊本以外に住む私たちが、熊本地震を忘れないことも復興支援となります。

 環境省による新宿御苑の一層の活用に向けた新たな取組として、桜ライトアップを行っています。
14日(日)から20日(土)まで八重桜のライトアップに加え、桜、食、伝統芸能等をはじめとするステージイベントも実施します。
 またキッチンカーやテントでの飲食物も提供されます。
 皆さまのご来園お待ちしております。
 詳細につきましては、環境省のサイトをご覧ください。

http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/topics/post_140.html

 昨日、550名の国会議員が参加する奉祝国会議員連盟と民間の奉祝委員会の共催で、天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集いが行われました。
 安倍晋三総理や大島理森衆議院議長はもちろんのこと、中西宏明経団連会長、京都大学の山中伸弥教授、タレントの北野武さんなど、各界から天皇陛下のご即位三十年を奉祝し、感謝するために参集しました。
 北野武さんの祝辞にあったように、両陛下がいらっしゃる日本という国に生を受けたことを幸せに思います。
 改めて、ご即位から30年にわたり、国民の安寧と平和を祈り、常に国民に寄り添っていただいたことに、深く感謝をいたします。
ファイル添付

 本日発売の文藝春秋5月号に私のインタビューが掲載されました。
 私が日韓議連を退会した背景や韓国の異質な歴史認識、韓国の甘えを許してきた日本の責任、そして今後の韓国との付き合い方についてお話しています。
 ぜひご高覧頂けたら幸いです。

https://bunshun.jp/articles/-/11392


 環境省では、企業の各業界における環境先進企業としての取組を促進することを目的として、「エコファースト制度」を実施しています。

企業が環境大臣に対し、地球温暖化対策、廃棄物・リサイクル対策など、自らの環境保全に関する取組みを約束し、その企業が、環境の分野において「先進的、独自的でかつ業界をリードする事業活動」を行っている企業(業界における環境先進企業)であることを、環境大臣が認定します。

認定を受けた企業は、エコ・ファースト・マークを使用することができ、現在認定を受けた企業は45社あります。

 エコ・ファースト認定企業は、皆様の暮らしを様々な場面で支えながら、環境保全に関する取組の先進企業として活躍しています。

ブログ一覧へ戻る