HOME > 政治 > 国会 論戦スタート

ブログ

国会 論戦スタート

Googleブックマーク Twitter はてなブックマーク delicious livedoorクリップ Yahoo!ブックマーク Facebook

 臨時国会の論戦がスタートし、安倍総理の所信表明演説に対する野党の代表質問が行われました。
 憲法改正や、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管難民法改正案などを焦点に、稲田朋美自民党筆頭副幹事長はじめ、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表が激しい議論を繰り広げました。
 入管難民法改正案については昨日、自民党法部会で了承されました。農業や建設、介護等、人手不足が顕著な業種において、外国人の力に頼らざるを得ない状況は紛れもない事実です。しかし、文化的摩擦や社会保障増大、参政権等、後々顕在化するであろう問題を多くはらんでいることも認識していかなければなりません。
 法務部会では激論の末、「政府が基本方針を定める際は、自民党と十分な議論を図ること」などを決議し、出入国管理法改正案を了承しました。


  • 人気blogランキング
  • 城内実オフィシャルサイトバナー配布中
個人献金募集

この記事へトラックバックURI

Responses are currently closed, but you can trackback

コメント投稿


ブログ一覧へ戻る