HOME > 2010 > 3月

ブログ

2010年3月の記事一覧

 本日発売の小学館の雑誌『SAPIO(「大増ページ陽光特大号」)』の巻頭特集「ああ、自民党が溶けてゆく」で櫻井よし子先生と私との緊急対論が掲載されました。題して「小異を捨てて保守再生救国連合を結成せよ!」。
 前回の小林よしのり先生との台湾訪問に続き、小学館の関係者の皆さんにはお世話になりました。また、櫻井よし子先生とは、ご多忙にもかかわらず長時間にわたって意見交換させていただきました。心より感謝申し上げます。
 みなさん是非『SAPIO』をご購入の上、ご感想などいただけたら幸いです。

img_0795.jpg

 3月30日の第二回オフ会in Tokyoは、おかげさまで満員御礼、立見の方まで出る盛況であった。
 今回も昨年と同様、東京近辺の方のみならず、岡山、和歌山、愛知、そして地元静岡浜松など、遠方からも多数お越しいただいた。参加いただいた皆さんには心より感謝申し上げる。他方、定員の都合から、やむをえずお断りした方もいらっしゃった。この場を借りてお詫び申し上げたい。
 残念ながら、体調不良のためすぎやまこういち先生にはご出席いただけなかった。しかし、ゲストの小林よしのり先生、西村幸祐先生、三橋貴明先生、そして有本香先生には大いに会を盛り上げていただいた。特に小林よしのり先生には、きわめてご多忙の中、当初短時間ご滞在の予定が、結局懇親会までいていただいた。先生方にあらためて感謝申し上げたい。
 また、アルピニストの野口健氏には、ご都合でご参加いただけなかったが、立派なお花をお送りいただいた。そして、ブログのコメント欄でおなじみ北海道紋別にお住まいのケーキ屋さんからも昨年に続いてお花を頂戴した。お二方には会にまさに花を添えていただいた。心から感謝申し上げたい。
 以上、速報でお伝えする。オフ会については、また後日、当日の模様を皆さんにお伝えしたいと考えている。

 いま一度お知らせいたします。
 いつも城内実オフィシャルウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
 このたび、昨年に引き続き、当サイトのオフ会を東京で3月30日(火)に開催することにいたしました。
 昨年は100名近い皆さんのご参加を得て、また講師の先生方にもお忙しい中友情出演をいただいて、そしてお手伝いの皆さんの大きな助力を得て、おかげさまで大盛況でした。今年は当選後初のオフ会、さらに素晴らしい会にするべく、私と事務局一同で準備を進めています。
 また、今回、お忙しい中、漫画家の小林よしのり先生にもゲストとしてご参加いただけることになりました!どうぞご期待ください。
 会場は昨年凛さん、引佐の光さん、喜八さんが尽力してくださった「品川きゅりあん」です。皆さんの奮ってのご参加を心よりお待ちしております。
 
                記
 日 時:3月30日(火)19時―21時(18時30分に6階会場前で受付開始。20時頃から懇親会を予定)
 場 所:品川区総合区民会館(通称:きゅりあん)6階大会議室
    (東京都品川区東大井5-8-1 Tel 03-5479-4100 JR/京急 大井町駅前)
 会 費:1500円(会場費、懇親会飲食代込み)
 テーマ:「ネットを越えて平成維新ー目覚めよ、日本!」
 ゲスト:すぎやまこういち先生(作曲家)、小林よしのり先生(漫画家)、三橋貴明先生(中小企業診断士)、西村幸祐先生(ジャーナリスト)、有本香先生(ジャーナリスト)
 申し込み方法:事前申し込み制です。オフ会参加申し込み専用のアドレス(off-kai@m-kiuchi.com)へ、タイトル「オフ会参加希望」としたうえで、本文に以下の必要事項を入力してご送付ください。
   ・名前(匿名、ペンネーム等はご遠慮ください)
   ・メールアドレス
   ・住所
   ・電話番号

 オフ会へのご意見も歓迎します。なお、この申し込み専用アドレスにいただいたメールに対して、当方からの返信は基本的にいたしません。申し込まれた方を自動的に出席扱いとさせていただきます。

※個人情報保護について
いただいた個人情報は城内実事務局内で厳重に扱い、第三者には一切公開、譲渡いたしません。また、いただいた情報は、このオフ会に関するご連絡以外には用いません。
                               以上

 先週19日(金)の午後に私が前々から「この世にすげーやつがいたもんだ」と心密かに敬意を表していたアルピニストの野口健さんが私の議員会館の事務所を訪ねてくださった。
 野口さんよりいただいたご著書を一冊読ませていただいた。感動の連続である。
 野口さんにも城内実にも共通するのは帰国子女で初等教育を外国で受けているということである。
 だからこそ国際社会の中の日本人のおひとよしさががまんならないのだろう。
 しかし、このひとのよさが日本の短所であるとともに長所であるのである。いかなる誹謗中傷を浴びようとも、いつかその人たちが気づき反省することを信じてこのとことん信念ブログのコメント欄を開放する「ひとのよさ」に通じるものがある。
 野口さんにお会いし、またその著書を通じて改めてその思いをあらたにした次第である。
 野口さんは来週30日に日本を発ち、再び命がけで世界最高峰の頂上を目指すのである。5月の連休に再び日本に帰って私と食事をする約束をしていただいた。
 このブログの読者のみなさん、野口健さんが環境保護活動で大いに成果をあげて無事祖国日本の土を踏むことを城内応援団もいわゆるアンチ城内のみなさんも、一致団結して心から天上界の神様にお祈りしようではないか。
アルピニストの野口健さんと

 本24日昼前にこのとことん信念ブログのコメント欄の常連の凛さんが議員会館におみやげを携えて訪ねて下さった。秘書のQ君と30日(火)の第二回オフ会の事前打ち合わせに来て下さったのだ。
 凛さんの訪問と前後して私の携帯に漫画家の小林よしのり先生から電話があり、大変うれしいことに30日のオフ会に顔を出して下さる旨の最終的なお返事をいただいた。その際小林よしのり先生に、ご恵贈下さった『昭和天皇論』の感想も併せて述べさせていただいた。
 いずれにせよ、今日はほかにもいろいろとあり、なかなかめまぐるしい一日であった。
さくら餅
凛さんが持ってきて下さった、日本の春。
羅臼こんぶのホンモノのこぶ茶
なぜか私がこぶ茶が好きなことをご存じで、モンブランとともにプレゼント。

 外務省時代に大変お世話になった村田良平元外務事務次官が3月18日に急逝された。
 私が入省した西暦1989年(平成元年)に西ドイツのベルリンの壁が崩れ、翌年ドイツのアウグスブルク大学に留学中に東西ドイツが統一した。
 その後二年間のドイツ留学を経てボンのドイツ大使館に勤務することになった。その時お仕えした大使が村田大使であった。私は経済班勤務ののち儀典担当官として村田大使の秘書官として直接お仕えした。文字通りかばんもちであったが、戦後のドイツ留学組の村田大使には多くを学ばせていただいたのである。
 村田大使は外交評論家の岡崎久彦先生と同期入省である。村田大使の仕事への取り組みは大変厳しく周囲から若干畏怖されておられたようであったが、なぜか私のような浅学非才のかなりおおざっぱな性格の若造をとてもかわいがってくださった。退官後もいろいろと励ましてくださり、目をかけていただいた。落選中にわざわざ浜松までお越しになり励まして下さったご恩は一生忘れない。
 その村田大使に昨年12月末に関西城内塾を京都で開催した翌日に京都でお会いした。昼食をともにした際、村田大使は私にこう言われた。
 「城内君が今回当選して本当に良かった。私は癌で母校の京都大学付属病院で治療を受けているが来年には間違いなく死ぬだろう。それは分かっている。日本がおかしくなっている。君にはがんばってもらいたい。」といつもの落ち着いた口調で淡々と述べられた。めったに動揺しない私であるが、目頭が熱くなった。
 私は昼にお酒を飲まないようにしているが、村田大使が「城内君、日本酒を一杯やろう。」と言われた。村田大使の「当選おめでとう」の一言で杯を上げた。
 帰り際タクシーにお乗りになる村田大使閣下の足を引きずるお姿が本当に痛々しかった。来月4月にも関西城内塾の会合を利用してお会いする予定であったが、それがかなわぬことになった。
 村田大使のご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、心ある同志とともに村田大使のご遺志を受け継ぎ、わが日本の再建に向けてがんばりたいと思う。
ありし日の村田良平大使
村田大使(平成21年12月22日、於:京都) 
参照:岡崎久彦氏「『村田良平回想緑』に想う」 
   古森義久氏:「村田良平元外務次官が村山談話の取り消しを求めるー無用の自虐行為と
 

 再度お知らせいたします。
 いつも城内実オフィシャルウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
 このたび、昨年に引き続き、当サイトのオフ会を東京で3月30日(火)に開催することにいたしました。
 昨年は100名近い皆さんのご参加を得て、また講師の先生方にもお忙しい中友情出演をいただいて、そしてお手伝いの皆さんの大きな助力を得て、おかげさまで大盛況でした。今年は当選後初のオフ会、さらに素晴らしい会にするべく、私と事務局一同で準備を進めています。
 会場は昨年凛さん、引佐の光さん、喜八さんが尽力してくださった「品川きゅりあん」に決定しました。皆さんの奮ってのご参加を心よりお待ちしております。

                記
 日 時:3月30日(火)19時ー21時(18時30分受付開始。20時頃から懇親会を予定)
 場 所:品川総合区民会館(通称:品川きゅりあん)6階大会議室
    (東京都品川区東大井5-8-1 Tel 03-5479-4100 JR/京急 大井町駅前)
 会 費:未定(懇親会込みで1500ー2000円程度)
 テーマ:「ネットを越えて平成維新ー目覚めよ、日本!」
 ゲスト:すぎやまこういち先生(作曲家)、三橋貴明先生(中小企業診断士)、西村幸祐先生(ジャーナリスト)そのほかの来賓。
 申し込み方法:事前申し込み制です。オフ会参加申し込み専用のアドレス(off-kai@m-kiuchi.com)へ、タイトル「オフ会参加希望」としたうえで、本文に以下の必要事項を入力してご送付ください。
   ・名前(匿名、ペンネーム等はご遠慮ください)
   ・メールアドレス
   ・住所
   ・電話番号

 オフ会へのご意見も歓迎します。なお、この申し込み専用アドレスにいただいたメールに対して、当方からの返信は基本的にいたしません。申し込まれた方を自動的に出席扱いとさせていただきます。

※個人情報保護について
いただいた個人情報は城内実事務局内で厳重に扱い、第三者には一切公開、譲渡いたしません。また、いただいた情報は、このオフ会に関するご連絡以外には用いません。
                               以上

 本日発売の扶桑社の雑誌『SPA!』の特集「自民でも民主でもない第3極新党『できる/できない』大論争」に、みんなの党渡辺喜美代表、
自民党の河野太郎先生とともに、私のインタビュー記事が掲載されました。
 「慎重かつ大胆に」という私なりの政界再編論を述べるとともに、寛容で多様性のある日本の伝統文化にもとづく、保守対リベラルという区別を越えた新しい「共存共栄型」社会への思いを語りました。
 渡辺、河野両先生とともに私を取り上げてくださったSPA!編集部の皆様に感謝いたします。
 みなさん是非『SPA!』をご購入の上、ご感想などいただけたら幸いです。

 また、テレビ朝日系列(静岡県では静岡朝日テレビ)では、本日16:53―19:00放送の『スーパーJチャンネル』で、私のインタビューが放送される予定です。昨日、鳩山邦夫先生が自民党を離党し、新党結成に言及されたことを受けて、私なりの今後の政界再編に対する見解を述べます。
 みなさん、どうぞご覧ください。

 追記:『スーパーJチャンネル』での私のインタビュー映像は、17時台(16:53―17:30の間)の放映となる予定です。

 今日はたくさん花を買った。こどもたちが花が好きなので植木祭りのおみやげに買ってきたのであった。
 樹木や花、植木は心をなごませる。一株たった80円だったりしてちょっと安すぎるのではないかと思った。
 人のあら探しをしたり、罵詈雑言をして自分を高いところにおいて見下すようなマイナスの波動の人たちは、花や樹木と会話をしたことがないのであろう。
 などということを言ってもまだ理解不能かもしれない。是非一度もの言わぬ花や樹木などと会話をしてみたらどうであろうか。そのやり方については、ここでは申し上げることはできないが、素直な気持ちで太陽のように相手をつつみこむ優しい心になれば誰でも簡単に気がつくことである。
 どんな悪人でも小さな小さな太陽のような良心を持っている。自然との対話を続けるとその小さな心の太陽が大きなマイナス波動や邪念を押しのけてやがてその人の魂を大きく大きく成長させるのである。そこに「気づき」が生まれる。目に見えない命の尊とさに気づかせていただくのである。
 その時、いろいろな変化が現れてくる。言霊(ことだま)を大事にしようではないか。
はなづくく  

 いつも城内実オフィシャルウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
 このたび、昨年に引き続き、当サイトのオフ会を東京で3月30日(火)に開催することにいたしました。
 昨年は100名近い皆さんのご参加を得て、また講師の先生方にもお忙しい中友情出演をいただいて、そしてお手伝いの皆さんの大きな助力を得て、おかげさまで大盛況でした。今年は当選後初のオフ会、さらに素晴らしい会にするべく、私と事務局一同で準備を進めています。
 会場は昨年凛さん引佐の光さん、喜八さんが尽力してくださった「品川きゅりあん」に決定しました。皆さんの奮ってのご参加を心よりお待ちしております。

                記
 日 時:3月30日(火)19時ー21時(18時30分受付開始。20時頃から懇親会を予定)
 場 所:品川総合区民会館(通称:品川きゅりあん)6階大会議室
    (東京都品川区東大井5-8-1 Tel 03-5479-4100 JR/京急 大井町駅前)
 会 費:未定(懇親会込みで1500ー2000円程度)
 テーマ:「ネットを越えて平成維新ー目覚めよ、日本!」
 ゲスト:すぎやまこういち先生(作曲家)、三橋貴明先生(中小企業診断士)そのほかの来賓。
 申し込み方法:事前申し込み制です。オフ会参加申し込み専用のアドレス(off-kai@m-kiuchi.com)へ、タイトル「オフ会参加希望」としたうえで、本文に以下の必要事項を入力してご送付ください。
   ・名前(匿名、ペンネーム等はご遠慮ください)
   ・メールアドレス
   ・住所
   ・電話番号

 オフ会へのご意見も歓迎します。なお、この申し込み専用アドレスにいただいたメールに対して、当方からの返信は基本的にいたしません。申し込まれた方を自動的に出席扱いとさせていただきます。

※個人情報保護について
いただいた個人情報は城内実事務局内で厳重に扱い、第三者には一切公開、譲渡いたしません。また、いただいた情報は、このオフ会に関するご連絡以外には用いません。
                               以上

ブログ一覧へ戻る