HOME > その他 > 食生活

ブログ

食生活

Googleブックマーク Twitter はてなブックマーク delicious livedoorクリップ Yahoo!ブックマーク Facebook

 落選してから生活は苦しくなったのではといろいろな方に言われるが、そうでもない。一部のマスコミは私が落選したから今の家賃6万円の住居に引っ越したとおもしろおかしく報道したが、実際は現職国会議員の時に節約のために借りたのが現在の我が家である。もともと現職のころから衣食住にはあまりお金をかけなかった。
 最近妻が食料品を買いにいく回数がぐんと減った。近所の農家の方から野菜をいただいたり、地元をはじめ全国の応援して下さる方からお米をいただいたりしているからである。そういう意味で本当に食生活は豊かになった。
 もともと私を含め家族は粗食を旨とするのが信条である。粗食といっても、できるだけ無農薬、減農薬の玄米や旬の野菜と味噌汁、漬け物、納豆や地元の漁師さんからいただく魚介類(あじ、たい、しらす、アサリ、車エビ、のり)、あとは地元の山のお茶とみかんである。肉はごくたまにしか食べないし、油ものはあまりとらない。それでも食材はかなり高級である。
 どんなに見てくれの良い安価な農薬と保存料付けの外国の農産物よりも、地元の農産物の方がはるかに美味しい。なぜか。それは故郷に坐す神様の恵みに感謝しつつ、その農産物を頂くからである。
 最近はなすとピーマンの季節なのでよく近所の支援者の方から朝とりたての旬の野菜を頂く。商品価値のないような形の悪いものも混じっているが、そんなのはどうでもよい。形が悪くても、心を込めて我が家族のために朝収穫して自宅まで持ってきてくださったその人の気持ちがこもっていればそれで十分である。同じ野菜でも、スーパーの野菜とは違った暖かい心を感じる。
 だから日本人は原点に立ち返って価格という尺度でなく、同じ共同体の仲間である農家の方々の素朴な生き方に敬意を表しようではないか。そして今こそ地産地消を奨励すべき時なのである。
                            9月27日(水)


  • 人気blogランキング
  • 城内実オフィシャルサイトバナー配布中
個人献金募集

この記事へトラックバックURI

コメント投稿


ブログ一覧へ戻る